Posted by at

2007年10月08日

秋季大法要祭

 もう1週間も前のことになりましたがface07、9月30日先代犬と先々代犬が眠るペット霊園の「秋季大法要祭」にはなと行きました。


今回のテーマは~感謝~

「数々の喜び、優しさ、思い出を授けてくれた『お子様達
大好きな『お子様達』に変わらぬ愛情で感謝の気持ちを伝える事
お子様達』が変わらぬ思いで心の中に生き続ける事」

icon73霊園からの案内状には上記のように書かれています。

 参列者は、中年のご夫婦揃ってというのが多く、「子どもさんが大きくなってから、末っ子として愛情を注がれたんだろうな」と、勝手に想像したりします。
また、杖をつきながら参加されているご老人の姿には、「お孫さんのような存在だったんだろうな」。
小学生くらいの子どもを含め一家で来られたご家族には、「この子は生まれた時からペットと一緒に兄弟のように暮らしたんだろうな」と、ペットと暮らした日々が垣間見えます。

 僧侶による読経、大僧正の講話、塔婆供養icon23

 開始30分前に着いたので、時間まで山道をはなicon187と散歩しました。


烏瓜の実かなicon66
山里の秋って感じですicon131



  


Posted by はなちゃんママ at 01:15Comments(0)思い出

2007年04月06日

春季大法要祭

 4月1日日曜日、先代と先々代が眠るペット霊園icon187icon188の「春季大法要祭」にはなと行って来ました。




手前が先々代の“としちゃん”(1982~1999)
向こうが先代の“舞ちゃん”(1984~2004)
舞はとしが産んだ子です。
撮影1993年、当時とし11歳、舞9歳


 霊園に到着したら、まず塔婆を受け取ります。


 としと舞が眠る霊座。

来たら一番にお水icon137をかえます。

 僧侶による読経とお話の後、焼香、そして塔婆を持って塔婆場へ。



 皆さん、ペットという家族が亡くなった後もこうやってお参りに来る方々ですから、はなに話しかけたり撫でて下さいます。
50代くらいの男性がはなを見て奥様に「お母さん、ほら○○に似てるよface01
親子3代の大勢で参列のご家族、家族に手をひかれた足の悪いご老人等々、みんなにとって大事な大事な家族。

永遠の絆』を確認した1日でした。
   


Posted by はなちゃんママ at 07:08Comments(0)思い出

2007年02月27日

この春も

 案内が届きました。



 先代2匹が眠るペット霊園の春の彼岸法要。春と秋の法要には毎回行ってます。今回もはなと行きます。  


Posted by はなちゃんママ at 17:32Comments(0)思い出